【クソつまらない仕事】眠い!集中できない!を秒で解決する。

no-img2″> <figcaption class=

毎日同じ仕事ばかりしているとどうしてもつまらなくなってくる。眠すぎるけど寝落ちするわけにもいかないし、定時までなんとか乗り切りたい!

 

なんてことありませんか?

「繁忙期は大変だけど、暇になるとそれはそれでキツイ・・・」

みたいな事あるあるですよね。

 

仕事が暇だと昼過ぎなんか超絶眠くなって仕事どころじゃない!

本記事では、そんな暇でつまらない、退屈な仕事をなんとか定時まで乗り切る方法をお伝えします。

5分で読める内容なのでサクッと見ていってください!

本記事の主な内容

・①眠い!集中できない!を秒で解決する。

・②イギリスにあるプリマス大学の実験を紹介!

・③まとめ。

眠い!集中できない!を秒で解決する。

結論から言います。

そんなときには「落書き」をしましょう!

ただでさえあくびを我慢しながら仕事しているのに、さすがに落書きなんかしたら怒られるわw」

なんて思いそうですが、落書きといっても適当で良いんです。

 

どうしても集中が切れて仕事にならない場合は、紙の端っこにでも適当に落書きしてみてください。

仕事に集中できなくても、落書きの方に注意がいくことで、集中力が完全にゼロにならないという効果があります。

ポイントなんの落書きをしよう?なんて場合は、図形でも書いてみるのが簡単で良いですよ!

 

イギリスにあるプリマス大学の実験を紹介!

「落書きなんて馬鹿げてる」

と思った方には、これから根拠をお伝えします。

実は、イギリスのプリマス大学で行われた実験によって、落書きは集中力を高める効果があると証明されているのです。

1862年創立された、非常に歴史的で有名な大学の1つですが、こんな実験をしました。

40人の被験者に対し、あるメッセージを聞いてもらい、後から名前や場所を思い出してもらうという記憶実験を行ったところ、会話中に落書きをした人は、しない人より29%もよく思い出すことが出来たのです。

専門家は、落書きすることで電話中の空想を防止し集中力をあげたのでは?という分析をしたようです。

 

電話に限らずですが、人って暇なときはなんだか空想にふけってしまいますよね。

私も仕事で暇な時は、なんとなーくプライベートのことなど、全く関係のない空想を無意識にしてしまいます。

この実験の詳しい内容も紹介します。

詳しい実験内容

まず40人の被験者(実験に協力してくれる人)を集めました。

テストを内容は、ある2分半の留守番電話のメッセージを聞いてもらうというもの。

そのメッセージには、8人の人物名や猫の名前、8つの場所の名前が含まれています。

 

聞かなくても退屈なメッセージだとわかりますね(苦笑)。

 

そのうち20人のグループには、図形を塗りつぶしながらメッセージを聞いてもらい、もう20人のグループはなんの指示もしないで聞いてもらいました。

その後、両方のグループに対し、留守番電話に話されたある8人の人物名や猫の名前、8つの場所を書き出すよう指示がされました。

その結果、落書きをしたグループは平均7.5個思い出せたのに対し、落書きをしなかったグループは平均5.8個しか思い出せなかったのです。

つまり、「落書きをしながらメッセージを聞いていた」グループの方が、おおよそ3割も記憶力がよかったことが判明しました。

「ながら作業」は効率的なのでは?

・ご飯を食べながらスマホをいじる。

・テレビを見ながら勉強をする。

・人の話を聞きながら落書きをする。

どれも「ながら作業」に含まれることかと思いますが、世間一般的に「ながら作業」はあまり良いこととはされていません。

上に挙げた例も、正直あまり良いこととは思えないですよね。

それは作業効率の問題だったり、倫理観の問題だったり色々とあります。

ですが、時と場合によっては「ながら作業」は効率的になることがあるのです。

 

特に今回紹介したような、つまらない退屈な仕事をしているときなんかは効果的です。

私たちの脳みそは、「つまらない!」と思うと、脳をシャットアウトしてしまいます。

その状態でいくら集中しようと思っても集中なんて出来ないし、ミスにつながる可能性だってあります。

パソコンの電源を入れないで仕事をしているようなもんですね。

あれ~、エクセルが開かないぞ??

いやいやお前、そもそもパソコンの電源入ってないやんけー!!

 

しかし、落書きをしている間は、落書きの方に一定以上の集中が行くため、脳が完全にシャットアウトしないのです。

この実験を知ってから気付いたのですが、なんと私も仕事中に電話をしているときに落書きをしていました(笑)

電話を切ったあとに手元の付箋を見ると、付箋の角を黒く塗りつぶしていたり、折り紙のように付箋を折ったりしていました。

「なるほど、俺も無意識に集中力を上げていたんだなw

あなたも意外と、無意識にこんなことをやっているかもしれませんね!

まとめ

・眠くて集中できないときは落書きをしながら仕事をしよう。

・落書きが抵抗ある人は、私みたいに折り紙でもOKです。

・脳を完全にシャットアウトしない工夫が大切です!

もちろん完全に仕事に集中出来るのが一番いいことですが、私たちも人間ですので、毎日そんなことできるわけないです。

そんなときは、落書きでもしながら気楽に仕事をしてみましょう!